重点領域 開発にかける想い

透析領域の開発にかける想い

透析剤開発のはじまり

1950年代

日本は透析療法の黎明期にあり、医療の現場では透析液の製造を研究する製薬メーカーを求めていました。扶桑薬品工業は、医療関係者から透析液の開発を求められ、医療の発展に応えるべく、当時未知の領域であった透析液の開発を決意しました。

1964年

1950年代後半にいち早く透析剤の開発に着手。濃厚な液を作ることから始まった長年にわたる研究の末、日本初の透析剤となる「人工腎臓潅流原液”フソー”」の販売を開始しました。

透析治療に寄り添って

1969年

現在まで続くシリーズとなる人工腎臓用透析剤「キンダリー」の初代透析液で、1剤化できる酢酸型透析剤「キンダリー液1号」と、多人数に透析を行うための「キンダリー液2号」を発売しました。
その後も透析歴の長期化、患者背景の多様化に対応するため、「キンダリー液3号」、「キンダリー液GF号」を発売しました。

1981年

透析効率の向上による酢酸型透析剤の症状を緩和するため、重炭酸型透析剤で液-末タイプの透析剤「キンダリー液AF-1P号」、液-液タイプの透析剤「キンダリー液AF-1号」を発売しました。
その後も透析療法における薬剤の変化、患者背景の変化に対応するため、「キンダリー液AF-2P号」「キンダリー液AF-2号」、「キンダリー液AF-3P号」「キンダリー液AF-3号」、「キンダリー透析剤AF4P号」「キンダリー透析剤AF4号」、「キンダリー透析剤AF5P号」「キンダリー透析剤AF5号」と発売を続けました。

1983年

透析では治療の持続又は管理が困難な場合があるため、ろ過又はろ過透析を行うための補充液として「サブラッド-A」を発売しました。その後、「サブラッド-B」、「サブラッド-BD」、「サブラッド-BS」を発売し、現在の「サブラッド血液ろ過用補充液 BSG」へと続いています。

1998年

透析剤の軽量化が望まれ、さらには、医療機関の保管スペースの削減に対応するため、粉末3 剤タイプの透析剤「キンダリー2D号」、「キンダリー3D号」を発売し、2011 年に「キンダリー透析剤4D」を発売しました。

2001年

透析剤の溶解作業の煩雑さを改善するため、粉末2剤タイプの透析剤「キンダリー2E号」、「キンダリー3E号」を発売しました。その後も新規透析剤の開発を継続し、2011 年に「キンダリー透析剤4E」、2020 年に「キンダリー透析剤5E」を発売しました。
なお、現在では電解質・ブドウ糖濃度が異なる4種類の粉末型の透析剤を販売しています。

  • 承認取得時の商品名を記載しています
  • 日本透析医学会 統計調査委員会「わが国の慢性透析療法の現況(2022年12月31日現在) 」より

不妊治療・生殖補助医療(ART)領域の開発にかける想い

体外受精関連製品開発のはじまり

2000年

ヒト卵胞液の成分に近似した組成を有し、精子調整及び前培養や、卵子の前培養、体外受精、初期胚の培養まで幅広く使用できる培養液「HFF99」を開発し、販売を開始しました(2020年に名称をHiGROW HFFに変更)。

不妊治療に寄り添って

2017年

日本哺乳動物卵子学会(現日本卵子学会)との共同開発で、ヒト卵管内液の多成分解析データに基づいた組成の胚培養液「HiGROW OVIT」の販売を開始しました。
同年に「HiGROW IVF」「HiGROW HEPES」「HiGROW OIL」を発売し、不妊治療・生殖補助医療(ART)分野へ本格的に進出しました。

2018年

「HiGROW OIL」と比較して粘度が高く、無加湿条件下での培養液の蒸発抑制や培養液ドロップの保持に優れた「HiGROW OIL Heavy」を発売しました。

2018年

ヒト血清アルブミン(HSA)の添加作業の煩雑さを改善するため「HiGROW OVIT」「HiGROW IVF」「HiGROW HEPES」にHSAを予め添加した「HiGROW OVIT Plus」、「HiGROW IVF Plus」、「HiGROW HEPES Plus」を発売しました。