ガバナンス 透明性の推進

医療機関等との関係に関する指針

新薬の創出、医学・薬学の研究、実用化および適正使用の普及に不可欠な産学連携活動は医療機関・医療関係者との契約等に基づき実施されており、対価として金銭の支払いが発生する活動も含まれています。これらの活動は法規制や業界自主規範等のもと、高い倫理性を担保した上で行われていますが、製薬企業は生命関連産業として患者さんや国民の生命・健康に大きく関わるとともに、国民皆保険制度のもとにある我が国においては、他の産業以上にその活動の透明性が重要です。

このような状況を踏まえ、当社は「扶桑薬品工業と医療機関等との関係の透明性に関する指針」を定め、医療機関・医療関係者への金銭等の提供についての情報公開を行います。

扶桑薬品工業と医療機関等との関係の透明性に関する指針

情報公開の方法、時期および対象について

1. 公開方法

当社ウェブサイト等を通じ公開します。

2. 公開時期

各事業年度(4月1日~3月31日)の実績を当該年度の決算終了後の適切な時期に公開します。

3. 公開対象

以下のA.~E.に該当する支払いについて公開します。

A. 研究費開発費等
B. 学術研究助成費
C. 原稿執筆料等
D. 情報提供関連費
E. その他の費用

医療機関等への金銭等の提供に関する情報

患者団体との協働に関する指針および関係の透明性に関する指針

製薬企業の使命は、優れた医薬品を開発・供給することにより、世界の人々の福祉と医療の向上に貢献し、健康で質の高い生活の実現に寄与することです。そのためには、患者さんやそのご家族のニーズや悩みを理解して対応していくことが必要であり、患者団体と協働する機会が増えてきています。

このような状況を踏まえ、当社は「扶桑薬品工業と患者団体との協働に関する指針」を定め、その関係のあり方を示すとともに、「扶桑薬品工業と患者団体との関係の透明性に関する指針」を定め、患者団体への金銭等の提供についての情報公開を行います。

患者団体との協働に関する指針

1. 相互理解

我々は、患者団体との協働を、それぞれの見解や判断を尊重した相互理解のもとに行います。

2. 信頼関係の構築

我々は、患者団体と対等な関係で信頼関係を構築し、共通の目的の実現に向けてそれぞれの役割を果たします。

3. 患者団体の独立性の尊重

我々は、患者団体の独立性を尊重します。

4. 透明性の確保

我々は、金銭的支援等についてその情報を公開し、透明性を確保します。

5. 書面による合意

我々は、患者団体との協働における活動項目や資金提供等については、その目的・内容等について、書面による合意を交わし、記録に残します。

6. 製品の広告・宣伝の禁止

我々は、患者団体に対し、医療用医薬品の広告・宣伝を行いません。

7. 影響力行使の禁止

我々は、患者団体に対し、企業の利益の為に患者団体の出版物の内容、発言等に影響力を行使することは行いません。

8. 資金源の多様性の推奨

我々は、単独の支援者となることを条件とする支援は行いません。患者団体が活動のための資金を複数の提供元から調達することを推奨します。

9. 適正な支援

我々は、患者団体に対する支援に当たってはその目的に相応しい会場及び開催地とする等、適正に支援を行います。

扶桑薬品工業と患者団体との協働に関する指針

患者団体との関係の透明性に関する指針

扶桑薬品工業と患者団体との関係の透明性に関する指針

情報公開の方法、時期および対象について

1. 公開方法

当社ウェブサイト等を通じ公開します。

2. 公開時期

各事業年度(4月1日~3月31日)の実績を当該年度の決算終了後の適切な時期に公開します。

3. 公開対象

患者団体への金銭等の提供に関する情報