透析について詳しく知る

ホーム > 透析について詳しく知る > バスキュラーアクセス(シャント)について

12. バスキュラーアクセス(シャント)について

血液透析(HD)、血液ろ過(HF)、血液透析ろ過(HDF)を行うには、大量の血液を体外に取り出す必要があります。大量の血液を容易に、安全に取りだすため、バスキュラーアクセス(シャント)を作製します。慢性腎臓病で血液透析(HD)、血液ろ過(HF)、血液透析ろ過(HDF)を行うにはシャントが不可欠になります。

シャントの作成には手術を行い、腕などの静脈と動脈とをつなぎます。動脈の血液はシャントを通って静脈へ流れ、静脈の血管がふくらみます。このふくらんだ血管に針を刺して大量の血液を透析器に送ります。

このページのトップへ戻る↑