扶桑薬品工業について 扶桑のあゆみ

扶桑薬品工業のあゆみを
創業からご紹介いたします。
昭和初期 − 扶桑の黎明期 − 1937年 〜 昭和中期 − 透析液開発 − 1960年 〜 昭和後期 − 生産拠点の拡大 − 1975年 〜 平成前期 − 東証一部上場 − 1989年 〜 平成後期 − 粉末型透析剤へ − 2000年 〜 令和 − プライム市場移行 − 2019年 〜
1989(平成元年)
企業
東証一部上場

東京証券取引所市場第一部へ上場。資本金65億8,100万円、売上高373億3,800万円。

製品
  • キンダリー液AF-2号
  • キンダリー液AF-2P号
  • キンダリー液AF-2S号
1990(平成2年)
製品
  • エルシボンカプセル
  • アルトフェッド注
1992(平成4年)
企業
扶桑御徒町ビル

東京都台東区に扶桑御徒町ビルを取得。同時に東京支店を同ビルに移転。

製品
  • ドパコール錠100mg
1993(平成5年)
企業
アイ・スタット 上市

臨床検査の分野への進出となるポータブル血液分析器アイ・スタットを上市。

製品
  • アイ・スタット
  • キンダリー液AF-3号
  • キンダリー液AF-3P号
  • キンダリー液AF-3S号
  • ダウレット製品
1994(平成6年)
企業
扶桑道修町ビル 竣工

本社所在地に扶桑道修町ビル竣工。同ビルにおいて竣工式を挙行。

建設に先立って、大阪市文化財協会による発掘調査が行われ、貴重な“桃山茶陶器”の文化財が出土した。

発掘された文化財のうち、復元できた30点の中から16点が、扶桑道修町ビルのエントランスホールに常設展示されている。

製品
  • スノープル製品(プラスチックアンプル製品)
1995(平成7年)
企業
茨城工場 竣工

念願の東日本地区における主力製品の生産・供給の拠点として、茨城県北茨城市に茨城工場竣工。

製品
  • プレアミン-P注
  • サブラッド-B
1996(平成8年)
製品
アイ・スタット200 発売

アイ・スタットの上位機種として、血液ガスの測定を可能にしたアイ・スタット200を発売。

1997(平成9年)
企業
創立60周年

会社創立60周年にあたり、「感謝還暦」をメインテーマに、ホテルニューオータニ大阪において記念式典を開催。

1998(平成10年)
製品
  • キンダリー2D号
  • キンダリー3D号
  • 2Lブローバッグ製品
  • キンダリー液6Lタイプ
1999(平成11年)
製品
  • アクロビーズテスト
  • 20mLプラスチックアンプルブリスター包装製品
昭和初期 − 扶桑の黎明期 − 1937年 〜 昭和中期 − 透析液開発 − 1960年 〜 昭和後期 − 生産拠点の拡大 − 1975年 〜 平成前期 − 東証一部上場 − 1989年 〜 平成後期 − 粉末型透析剤へ − 2000年 〜 令和 − プライム市場移行 − 2019年 〜
扶桑薬品工業について