扶桑薬品工業について

ホーム > 扶桑薬品工業について > 扶桑のあゆみ

  • 社長のご挨拶
  • 経営理念
  • 会社概要・沿革
  • 事業所のご案内
  • 工場・研究所の紹介
  • 扶桑のあゆみ
  • コンプライアンスポリシー
  • コーポレートガバナンス

扶桑のあゆみ

  • 昭和12~29年
  • 昭和30~49年
  • 昭和50~63年
  • 平成元年~10年
  • 平成11年~

昭和12年の写真

昭和12年
大和商会(やまとしょうかい)
昭和12年3月25日、当時国産化されたブドウ糖の販売会社として大阪市南区(現・大阪市中央区東心斎橋)に大和商会誕生。
  • ブドウ糖販売

昭和18年の写真

昭和18年
今里工場
昭和18年、大阪市東成区東今里に今里工場を設置し、ブドウ糖注射液など医薬品製造業へ進出。
  • ブドウ糖注射液
  • リンゲル液
  • 生理食塩液
昭和21年
  • ビタノーン注
  • 注射用蒸留水

昭和22年の写真

昭和22年
創立10周年式典
昭和22年、戦後混乱期さ中の創立10周年。今里第一工場のお稲荷さん前で前社長を囲む当時のメンバー。

昭和23年の写真

昭和23年
今里第二工場
昭和23年、隣家出火により類焼の憂目をみた第一工場に代り、いち早く操業を開始した今里第二工場。のこぎり状の屋根が注目される。
  • ビタミンC注
  • サリソブロカ糖注

昭和24年の写真

昭和24年
社名変更
昭和24年、社名を扶桑薬品工業と変更。 改められた現社名が読める、今里第二工場事務所。
昭和26年
  • サルソバビロン注

昭和27年の写真

昭和27年
営業拠点の拡充始まる
昭和27年、岡山に出張所(写真)、大阪・東京に営業所を開設。以後逐次拡充して、昭和41年には10支店網、平成5年には、現在の12支店網に成る。
  • プレアミン注

昭和28年の写真

昭和28年
本社を道修町に移転
昭和28年、本社を大阪市東成区東今里より、大阪市東区道修町(当時)の大阪営業所所在地に移転。
昭和29年
  • ネオカルドラミン

次のページへ →

このページのトップへ戻る↑