扶桑薬品工業について

ホーム > 扶桑薬品工業について > 経営理念・沿革

  • 社長のご挨拶
  • 経営理念・沿革
  • 会社概要
  • 事業所のご案内
  • 工場・研究所の紹介
  • 扶桑のあゆみ
  • コンプライアンスポリシー
  • コーポレートガバナンス

経営理念・沿革

経営理念
  • 当社はその事業と規模を利用して社会に貢献し、自らも幸福と生甲斐を得ようとする社会人が集結した運命共有集団である。
  • 会社の存立も個人の生活も、社会の恩恵なしには維持できない。とくに人の健康と生命に密接に関与する医薬をつくる企業には、それにふさわしい倫理が求められ、これを踏みはずさないものだけが繁栄を持続し得るのである。
  • 当社は、製薬企業の本分を尽すとともに、社内の平安を旨とし、挙社一体の企業努力により社会に貢献、また全従事者の負託にこたえんとするものである。
社是
社章社章のぶどうは、当社創業以来ゆかりの深いブドウ糖を象徴するとともに、構成員の円満な人格、玲ろう純真な品性と強固な団結をシンボライズしております。
沿革
昭和12年 3月 大阪市南区鰻谷(現・大阪市中央区東心斎橋)に会社設立。
商号株式会社大和商会。ブドウ糖販売を開始。
昭和17年 12月 商号を扶桑産業株式会社に変更。
昭和18年 6月 大阪市東成区に今里工場を設置し、ブドウ糖等注射剤の医薬品製造業に進出。
昭和24年 3月 商号を現在の扶桑薬品工業株式会社に変更。
昭和28年 7月 本社を大阪市東区(現・大阪市中央区)に移す。
昭和32年 3月 大阪市城東区森之宮に城東工場を設置、今里工場は廃止。
昭和39年 8月 わが国初の人工腎臓灌流原液を製造許可。
昭和44年 4月 人工腎臓用透析液「キンダリー液」を開発発売。
昭和45年 10月 大阪証券取引所市場第2部へ株式上場、子会社 扶桑興発株式会社を設立。
昭和54年 11月 大東市平野屋新町に大東工場設置。
昭和56年 4月 城東工場北に新研究開発センター竣工。
昭和58年 9月 大阪証券取引所市場第1部へ株式上場。
昭和60年 5月 岡山県浅口郡里庄町に岡山工場竣工。
平成元年 12月 東京証券取引所市場第1部へ株式上場。
平成5年 2月 ポータブル血液分析器「アイ・スタット」の国内独占販売権取得。
平成6年 4月 本社所在地に扶桑道修町ビル竣工。
平成7年 5月 茨城県北茨城市に茨城工場竣工。
平成11年 5月 ヒト精子機能体外診断薬「アクロビーズテスト」発売。
  9月 細菌感染症迅速体外診断薬「ハイブリゼップ」製造承認取得。
平成12年 12月 ヒト受精卵(胚)培養液「HFF99」を発売。
平成13年 1月 東京都中央区日本橋本町に扶桑日本橋ビル竣工。
  6月 細菌感染症迅速体外診断薬「ハイブリゼップ」を発売。
平成14年 7月 城東工場にダブルバッグライン稼動。
平成15年 2月 「アイ・スタット」の国内独占販売権取得。
平成17年 2月 ヒュービットジェノミクス社とヒトゲノム疫学の糖尿病性腎症の体外診断薬開発契約。
  4月 信頼性保証本部新設。
    無水エタノール注「フソー」新発売。
    オンコセラピー・サイエンス社から「新生血管阻害剤OTS102」の日本国内における独占的販売権を取得。
平成18年   吸着型血液浄化器「リクセル」((株)カネカメディックスと販売提携)。
    がん治療用の「新生血管阻害剤OTS102」の第Ⅰ相臨床試験開始。
    ヘパリンNa 透析用シリンジ20mL「フソー」新発売。
    がん治療用の「新生血管阻害剤OTS102」新たながん種への適応拡大。
平成19年   生菌数測定システム(MF法)「ミリフレックス」(日本ミリポア(株))販売開始。
    会計監査人の選任(有限責任監査法人トーマツ)。
    がん治療用の「新生血管阻害剤OTS102」第Ⅰ相臨床試験投与開始。
平成20年   独立行政法人科学技術振興機構平成19年度「地域イノベーション創出総合支援事業」重点地域研究開発推進プログラム(育成研究)に北海道大学との共同提案が採択。
    大阪府立大学との産学連携で食中毒菌(カンピロバクター)の迅速検出法を開発-タカラバイオ社に全世界における製造販売権を供与。
    「新生血管阻害剤OTS102」第Ⅰ相臨床試験終了。
    「新生血管阻害剤OTS102」第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験開始。
    独立行政法人科学技術振興機構平成20 年度(第一回)の「独創的シーズ展開事業委託開発」に「脳低温療法の選択的急速冷却システム」が採択。
平成21年   当社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)の導入。
    「外科用止血材TDM-621」スリー・ディー・マトリックス社と国内独占販売提携。
    サブラッド血液ろ過用補充液BSG新発売
    アイ・スタット1-N(POCT 血液分析器)新発売
    「新生血管阻害剤OTS102」の胆道癌に対する第Ⅱ相臨床試験開始。
    大阪府立大学との産学連携による食中毒菌(カンピロバクター)の迅速検出法が独立行政法人科学技術振興機構平成21 年度(第1 回)の「企業研究者活用型基礎研究推進事業」に採択。
    生食注キット「フソー」50mL新発売。
    大阪府立大学との産学連携による食中毒菌(カンピロバクター)の迅速検出法-リアルタイムPCR 法による検出キットをタカラバイオ社から発売。
平成22年   がん治療用ワクチンOTS102 の販売権の再実施権を大塚製薬(株)に供与。
    ミニへパ透析用シリンジ20mL(血液凝固阻止剤)新発売。
    帯状疱疹後神経痛治療薬「ブプレノルフィン口腔用貼付剤」製造販売承認申請。
    アイ・スタット1-DMATキット(POCT 血液分析器)新発売。

このページのトップへ戻る↑